| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ボトックスで小顔になれる-塗る ボトックスも注目です!-


ボトックスは、塗ったり注射したりする美容方法として人気があります。メスを使わないので安心な方法として広く知られています。そのボトックスとはどんなものなのか紹介したいと思います。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    脳性麻痺のボツリヌス治療にもボトックスは使われています
    0
      脳性麻痺とは、出生前後に起こる脳障害によって引き起こされた「運動と姿勢の異常」とされています。とは言ったものの、脳性麻痺の症状が全身におよぶ人もあれば、下半身(足)だけに症状が見られる人もありいろいろです。
      また脳性麻痺の合併症としてのてんかん、知的発達の遅れ、呼吸する時や食事の時の障害などの有無により、人それぞれ症状は大きく違っています。
      このうち強い筋緊張の症状がある人の治療は、内服薬を飲んだり、リハビリする事が中心です。

      また、体に変形があったりする場合には整形外科での手術もしたりします。最近では海外を中心に新しい治療法がいくつか導入されてきています。
      ですが、日本国内では、治療できる病院がまだまだ少なく限られています。また、保険診療の対象になっていなかったりなどの制約が多いです。

      この治療法のひとつにボトックス治療があります。
      神経から筋肉への収縮作用の指令伝達をボツリヌス毒素は邪魔をする働きがあります。
      これが、ボトリックス 注射を行うことで筋肉の緊張をゆるめる効果があるのです。
      頚(くび)から背中にかけての姿勢の異常に対して、ボツリヌス毒素製剤の使用が、日本でも5年位前に認められました。
      ボトックス治療による効果が期待できる症状にアテトーゼという症状があって頚の動きを上手く自分でコントロールできない人、また頚から背中にかけての緊張のために体を強く反らせてしまう人などがあります。
      実際に注射をした患者さんやその家族の話によると、「おかげで体や顔の方向を自分でコントロールしやすくなった」「頚や肩にかけての痛みとか、こりがだいぶ楽になった」「寝ている時の姿勢が良くなり、反り返りもなくなった」「姿勢が安定し座りやすくなったので食事の介助がしやすくなった」などのボツリヌス毒素の効果があるみたいです。ですが効果が続くのは注射して3、4ヵ月間位です。
      |22:50| ボトックスについて! | - | - | posted by ボトックス - -
      スポンサーサイト
      0
        |22:50| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.