| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ボトックスで小顔になれる-塗る ボトックスも注目です!-


ボトックスは、塗ったり注射したりする美容方法として人気があります。メスを使わないので安心な方法として広く知られています。そのボトックスとはどんなものなのか紹介したいと思います。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    ボトックスの効果の理由は・・・?
    0
      ボトックスとはアメリカにある会社「アラガン社」の商品名です。元々ボトックスは眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療の際に筋肉の弛緩効果を利用して用いられていました。
      その後、しわ取りなどの効果があることが認められ、アンチエイジングの世界にもボトックスが使われるようになってからはスゴイ速さでその使用が拡大していきました。

      そのボトックスの主要な成分ですが、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium botulinum)、クロストリジウム属菌(Genus Clostridium)のA型毒素(Botulinum Toxin A)です。
      その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害です。ちょっと難しいですが簡単に言うと眉間や額、目尻のシワとかの表情筋の一過性麻痺を生じさせます。
      その結果、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がシワの発生に大きく関係している部分に働いてシワを消してくれます。
      シワの治療は手術などの従来の方法では、難しいとされてきましたが、ボトックスは非常に効果があります。

      ただ良い面ばかりではなく注意しないといけないところもあってボトックス注入後、数時間の頭痛やまぶたが重たく感じたりする事もあります、また注入量が多すぎると眼瞼や眉毛の下垂が起こることがあります。その他にアレルギーや注入による内出血などの副作用がある事があります。

      また長い間にわたりボトックス治療を続けていると、ボトックスに抗体ができて効果がなくなる可能性もあります。
      表情が乏しくなったり眼瞼や眉毛が下がったりしてしまうことがありますが、これはボトックスを注射する際に、注入量が多すぎるために表情筋の動きをおさえすぎてしまっておこります。
      このようなことを防ぐには、ボトックスを注入する量を十分に注意しなくてはいけません。
      |19:01| ボトックスの効果 | - | - | posted by ボトックス - -
      スポンサーサイト
      0
        |19:01| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
        << NEW | TOP | OLD>>
        LATEST ENTRY
        ARCHIVE

        (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.