| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ボトックスで小顔になれる-塗る ボトックスも注目です!-


ボトックスは、塗ったり注射したりする美容方法として人気があります。メスを使わないので安心な方法として広く知られています。そのボトックスとはどんなものなのか紹介したいと思います。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    || - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    多汗症・わきがでお悩みなら!ボトックス注射で改善できます
    0
      多汗症は脇や手のひら、足の裏などから汗がたくさん出てくる症状ですが、人によって症状がでる体の場所が異なります。

      わきがと多汗症はまったく関係のないものですが、多汗症の汗の方が臭いが強い傾向があり、脇の下の多汗症を治療をするとわきがの症状も軽くなる場合があります。
      多汗症の治療にボトックス注射が使用される理由は、注射をするだけで脇の下の汗腺から出てくる汗を抑えて、多汗症の症状を軽くすることができるからです。

      わきの下からの汗と臭いの原因は、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」と言う2種類の汗腺から出ています。
      これがボトックス注射をすることで「エクリン汗腺」の働きを弱め、汗の量をほとんど無くすことが可能になります。

      今までの多汗症治療は、泊りがけでの入院や手術した後の手術跡が残ってしまうなどの不安要素があったのですが、ボトックス注射では脇の下や手のひら、足裏など多汗症で悩んでいる部分に数箇所注射をするだけですので、治療時間は約15〜30分とあっという間に終わってしまいます。
      注射だけで治療が終わってしまうので傷跡も全く残らずに多汗症の治療を受けたその日からお風呂にも入る事ができます。
      夏に入る前に治療をすれば夏を快適に過ごすことができますので、6月か遅くても7月中には注射するのがよいと思います。

      ボトックス注射で不安な事と言えば、ボトックスは筋肉の収縮を抑える働きがあるので多汗症治療をした治療箇所の筋肉が動かなくなるのでは?と不安がる方もいると思いますが、ボトックス注射は汗腺の適切な場所に注射をすれば筋肉が動きづらくなるということはまずありません。それは何故かというと筋肉と汗腺がある場所は深さが違うからです。
      ボトックス注射の持続効果は約半年ですので、半年に1回程度の注射をすれば一年間持続させれます。
      さらに個人差はありますが、半年サイクルでボトックス注射を続けると数年で汗腺が萎縮してボトックス注射をしなくなっても症状が軽くなるともいわれています。
      |22:47| ボトックスの効果 | - | - | posted by ボトックス - -
      ふくらはぎにボトックス注射で美脚効果あり!
      0
        ボトックスは顔のしわを目立たなくするのに使われるだけではなく、ふくらはぎに注射して脚を細く見せる美脚効果にも使われます。
        ボトックス注射をふくらはぎにすると約2週間程で、ふくらはぎの筋肉が徐々に細くなってくるのが分かります。
        人によってはもっと時間が経つにつれてさらに細くなっていきます、ただし、これは個人によってまったく細くなる程度が違ってきます。

        この効果が全然出ない場合がありますが、これは自分の体に中和抗体といって薬の耐性ができたからです、例えば3ヶ月の間に何回も注射するとその中和抗体が体内にできやすいようです。

        ふくらはぎにするボトックス注射は通常半年ほどで効果が無くなり、また徐々に元に戻っていきます。追加注入する時はボトックスの効果が無くなりかけている頃がちょうど良い時期です、ですが1回の注射後は必ず最低でも約3ヶ月間の期間をあけてください。

        それからこれは大事な事なのですが、妊娠している人や授乳中の方、何かの病気の治療中の人はボトックス注射はできません。
        他にも抗生物質や筋弛緩剤を投与中の人は投与できない場合がありますのでそういった人達はまず最初に必ず医師に相談してからにしてください。

        ふくらはぎにするボトックス注射の方法は、6ヶ所ほどの筋肉内に注射します。
        その時はふくらはぎの筋肉に力を入れるか足首を伸ばした状態にしておきます、そうして注射をされるんですが注射自体はホントに短時間で終わります、注射後はすぐに普通に歩いて帰れます。
        気になるのは注射後の腫れや痛みですが、腫れや痛みどころか内出血などもほとんどありません。

        ボトックス注射をした後は2〜3日くらいは何となく足がもつれる感じがあって歩きづらいとか、足に疲れがでやすくかったりすることが人によってはありますが、こういう症状は徐々にうすれていくので心配は無いです。

        たまにアレルギー症状が出る人がありますが、そういう時はすぐに医師に相談しましょう。
        一応ボトックス注射をした日はお風呂への入浴は止めてシャワーだけにした方が良いですよ、それから注射後2〜3日くらいは念のため下半身の運動や自動車の運転など足を良く動かすような事は止めた方が良いかも知れません。
        |22:46| ボトックスの効果 | - | - | posted by ボトックス - -
        ボトックスの効果の理由は・・・?
        0
          ボトックスとはアメリカにある会社「アラガン社」の商品名です。元々ボトックスは眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療の際に筋肉の弛緩効果を利用して用いられていました。
          その後、しわ取りなどの効果があることが認められ、アンチエイジングの世界にもボトックスが使われるようになってからはスゴイ速さでその使用が拡大していきました。

          そのボトックスの主要な成分ですが、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium botulinum)、クロストリジウム属菌(Genus Clostridium)のA型毒素(Botulinum Toxin A)です。
          その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害です。ちょっと難しいですが簡単に言うと眉間や額、目尻のシワとかの表情筋の一過性麻痺を生じさせます。
          その結果、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がシワの発生に大きく関係している部分に働いてシワを消してくれます。
          シワの治療は手術などの従来の方法では、難しいとされてきましたが、ボトックスは非常に効果があります。

          ただ良い面ばかりではなく注意しないといけないところもあってボトックス注入後、数時間の頭痛やまぶたが重たく感じたりする事もあります、また注入量が多すぎると眼瞼や眉毛の下垂が起こることがあります。その他にアレルギーや注入による内出血などの副作用がある事があります。

          また長い間にわたりボトックス治療を続けていると、ボトックスに抗体ができて効果がなくなる可能性もあります。
          表情が乏しくなったり眼瞼や眉毛が下がったりしてしまうことがありますが、これはボトックスを注射する際に、注入量が多すぎるために表情筋の動きをおさえすぎてしまっておこります。
          このようなことを防ぐには、ボトックスを注入する量を十分に注意しなくてはいけません。
          |19:01| ボトックスの効果 | - | - | posted by ボトックス - -
          | 1/1 |
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.